大がかりな模様替えは契約解除の対象になる

部屋の模様替えが契約解除の対象になるかということですが、板張りの床をプラスタイルに張り替えるとか、間仕切りの壁を取り払ってしまうといった大がかりなものは、その対象となります。

部屋の本体にかかわるとなれば、それは模様替えではなく増改築とみなされてしまい、それを無断で行った場合は契約 を解除される可能性が大きくなって困ることがあるからです。建物の床面積が増加する工事を増築、屋根の全面葺き替え、壁の撤去、移動等建物本体を変更するときは改築といえます。

でも契約解除の対象とならないような軽微なものであっても、更新の際の更新拒絶(契約の打ち切り)の理由となることは考えられます。ですから、部屋の本体にかかわるようなものは、必ず大家さんの承諾を得るようにしてください。開四画園田部屋の本体にかかわる模様替えは大家の許可が必要。

レジディア西麻布は、都会暮らしを自分らしく楽しむ人向けの賃貸デザイナーズマンションです。
港区西麻布に位置し、2004年に竣工しました。SRC構造の地下1階、地上14階建で、
東京メトロ日比谷線の広尾駅・六本木駅からそれぞれ徒歩10分の場所に位置していますので、
交通の利便性にもすぐれています。
レジディア西麻布の間取りは、1Rから4LDと幅広く、その人のライフスタイルに合った暮らしを提供できます。
マンション1階には、セブンイレブンと成城石井があり、都会暮らしを便利にサポートしてくれます。
エントランスは高級感漂う造りで、防犯カメラも設置しているためセキュリティも安心です。
また、ラウンジのスペースを設け、吹き抜け構造のエントランスは開放感と高級感をもたらしてくれ、
そこで暮らす人々の心を癒してくれます。
レジディア西麻布は、都会暮らしには欠かせないオートロックやモニター付きインターホンはもちろん、
その他浴室換気乾燥機や宅配ボックス、フロントサービスなど手厚く充実した設備が、忙しい暮らしを
全面からバックアップしてくれます。
キッチンやバスルーム、パウダールームは、使いやすい設計はもちろん、上質なくつろぎを演出する
構造で満足感を与えてくれます。