釘や画びょうを打つなという特約の有効性は

契約書には釘描画び含一を打二Lはしけなしこあるのですが柱時計を掛けたり壁I絵を飾りたし と思っていたので困っています。
ウエスト・サイド・ストーリーのポスターを貼りたいのになんとも歯がゆい限りです。
生活する上で仕方ないこともあると思いますが、その許容範囲はど の程度なのでしょう。

そのような特約も有効借主は、目的物の性質と契約で定められた方法にしたがって、賃借物件を使用しなければなりません。
つまり、契約書で部屋の使用方法が限定されていれば、それに従わなくてはならないのです。

ということは、契約書で釘や画びょうを柱や壁に打つことを禁止しているからには、それらを使うことはできないということになります。
もっとも借家契約では、借主に一方的に不利な特約は無効とされています。
したがって、例えば「部屋に子供を入れてはならない」とか「窓を開けてはならない」といったような理不尽ないし無意味な禁止条項は、無視してもかまわないということになります。

違反すると退去時に修繕費用を請求されるそれでは釘や画びょうを禁止する特約はどうかというと、あとの賃借人に不愉快な思いをさせず、また建物を大切に扱うという合理的な理由があります。
なぜなら釘や画びょうを打つということは、壁に穴をあけてしまい、どうしても傷跡が残ってしまいます。
一度開けた穴を修復するのは困難なことになります。

だから契約書にその旨の禁止条項があっても、借主に一方的に不利になるとは言えないとの判断が一般的な見解となっています。

東京都内に複数あるレジディア系のマンションの中の一棟で、目白の中心地にそびえ立つレジディア目白のマンション。
レジディアとは邸宅などのレジディアとギリシャ神話にレジデンス(理想郷)を合わせた造語で、住む人に安らぎをと願う会社の気持ちが伝わります。
交通は、山手線、東京メトロ副都心線、東京メトロ東西線が利用でき、マンション周辺にはおとめ山公園や神田川も流れており、緑豊かな場所や自然を感じられる場所もあります。
レジディア目白は、総戸数162戸の地上10階地下1階建てのSRCマンションとなっており、1Kから3LDKと幅広いタイプの部屋となっています。
1階は単身者にもうれしいスーパーになっているので、毎日の買い物はマンション内で済ませることができるのでとても便利です。
内装は、部屋の壁の白とフローリングがとてもお洒落で、なおかつ落ち着いた雰囲気になっているので高級感あるお部屋となっています。
設備としてはオートロックやバス・トイレ別はもちろん、エントランスには専用のコンシェルジュサービスがあり、長期不在でも安心して出かけられます。
ほぼ全ての設備がスタンダードに設置されているので上質なライフスタイルを叶えてくれるはずです。